S.I.P.ジョン・フィンチ

この数日、Jon Finch のことばかり検索しています。


【ジョン・フィンチ】

イギリスの俳優で3月2日生まれ。
有名なのは、ヒッチコックの『フレンジー』とロマン・ポランスキーの『マクベス』でしょう。
若くてイケメンで、ある意味ピュアなマクベスをフランチェスカ・アニスのマクベス夫人とともに演じました。
この映画が好きで、もう一度観たいとDVDから何となくWikipediaへ…

そこで、
「彼の遺体が発見された」
という一文が目に留まったのです。


驚いてあれこれ検索しましたが、詳しいことはわかりませんでした。亡くなった自宅かあるヘイスティングスの地方紙や映画専門誌も、書いてあることは同じ
「ヘイスティングスの自宅フラットで2012年12月28日に亡くなっているのが発見された。葬儀は2013年1月11日に営まれた。」

日本では無名ですが、イギリスでは1970~80年代にはTVや舞台でそこそこ有名な俳優さんだったはずです。その彼が「遺体が発見」とは…。孤独死だったのでしょうか?「あの人は今」的な存在だったのでしょうか?

その後、関連記事を読むうちに、彼がリドリー・スコット監督と親しく、監督は『エイリアン』のケイン役を最初にジョンに持ちかけていることを知りました。
ところが、ジョンは断ってしまったのです。
それどころか、1973年にはショーン・コネリーに替わるジェイムズ・ボンド役として『死ぬのはやつらだ』への出演依頼が来ているのに、これも断ってしまっているのでした。

「大物俳優になりたいと思ったことはない」
とインタビューに応えてジョンは言っています。
「年に一本出演すれば生活に十分な金を稼げて、それでいて騒がれない、快適な生活を送れる」
そのような野心の無さが彼を名声から遠ざけたのでしょうか。彼のゲストブックには、彼が無名であることを悔しがるファンからの書き込みが世界中から寄せられていました。
かつて彼のパートナーだったヘレン・ドレイクは彼について次のようにコメントしています。


Jon was quiet and a private person but very warm and generous. He had a fantastic sense of humour. Jon was a wonderful father to his 19-year-old daughter Holly. They got on well and always laughed, having fun together.’”


ちょっとほめすぎですね。
[PR]
by treeintheheart | 2013-10-04 09:28 | 映画、DVD、音楽

魂の奥に下りて行って不思議な扉を開けてみてください。幾千年の時を経た大樹の息づく深い森。滴る光、湧き零れる水。そこに満ちる声の囁きを聴ける人になりたい。人の魂が、この星とそこに息づく数多の生命と、深いところで繋がっていることを感じとりたい。カリスマ性なんか微塵もない主婦Aの「闘病」「子育て」「考えごと」の記録…になるはず


by treeintheheart