父の再入院(2011/06/19 22:51)

6月6日 父入院

5月初旬から食べると嘔吐、掛かり付けの病院で毎日点滴を受けながら母の介護をしていたが、5日(日)私と妹夫婦を呼んで話をしたうえで自分一人で入院した。

結果からいえば、30年前に十二指腸潰瘍で十二指腸と胃の2/3を切除していたので消化能力が弱いところへ、自身の癌や介護による過労等で食物が消化されずに食道に詰まっていたらしい。

安静と点滴で体力回復し、16日(木)に無事退院したと思ったら、わずか3日で再入院となった。

何しろ退院した当日に買い物にいくし、翌日は母の診察に付き添って病院に行くし…再入院するのも当たり前。
父が無理しないよう手配しておいたあれこれを全部無視して、また自分一人でやろうとしたのだから。

今日、私は父に手厳しいことを言わずにいられなかった。

「申し訳ない」という父の声は小さくて…

私のほうが申し訳ないことをしたのだという気がした。
[PR]
by treeintheheart | 2013-08-29 08:48 | 父母の記録

魂の奥に下りて行って不思議な扉を開けてみてください。幾千年の時を経た大樹の息づく深い森。滴る光、湧き零れる水。そこに満ちる声の囁きを聴ける人になりたい。人の魂が、この星とそこに息づく数多の生命と、深いところで繋がっていることを感じとりたい。カリスマ性なんか微塵もない主婦Aの「闘病」「子育て」「考えごと」の記録…になるはず


by treeintheheart