カテゴリ:詩、物語、短歌…( 22 )

同窓会

f0294866_12295412.jpg

f0294866_12295579.jpg

f0294866_12295512.jpg

時間がないんだ
お願いだから
大人の対応は止めてくれ
穏やかな日常の中の新発見や
心を和ませる小さな物語を
気遣いながら語ってくれる
君の中では今でも
私は十七歳のままなんだね


でも、私が知りたいのは
君が隠し通そうとしている
あの子の最後の物語だ
陽気な人気者だった
自分をてるてる坊主だなんて
言っていたっけ
未だに意味は不明だけど


招待状が届くたびに
どれほどわくわくしただろう
最後の電話をかけてきた
気づかないまま受話器をおいた
君のことを話していたよ
憶えているのはただそれだけ


あの子のことを聞きたいんだ
君とだから話したいんだ


ああ、やっぱり私は
十七歳のままだね
こんな風にいつも
困らせていた
君のことも

彼女のことも
[PR]
by treeintheheart | 2014-06-03 12:29 | 詩、物語、短歌…

詩を書くということ(20140204)

f0294866_1443311.jpg

詩を書くということは
ワタガシのように
細い細い思いを
そっとつまみ上げ
手の中で融ける前に
丹念にほぐしてから糸に撚り
言葉へと紡いでいくことだ



織り上がったものを目にして
私たちは驚く

この人も抱えていたのか
同じ思いを
同じ記憶を
同じ祈りを

私たちは
ただの通りすがりではなく
迎えられて此処に来たのだ


探し求めていたものが
くっきりとそこに立てられている
他の誰か
同じように探し求めた
誰かの手によって
独りではない証として

そんな経験をすることだ
[PR]
by treeintheheart | 2014-05-22 01:44 | 詩、物語、短歌…

折々に歌

脱ぎ捨てし
吾子の衣を
たたみつつ
離れて後も
安かれと願う

(2013年10月31日)




青き風
吹き抜けてなお
消え去らぬ
父母逝きし
朝の病葉
(2014/04/15 00:54)




御手を求め
見上げし空は
高く高く
眩むばかりに
光満ちてあり
(2014/04/23 06:05)
[PR]
by treeintheheart | 2014-05-05 14:28 | 詩、物語、短歌…

終の栖(2013/05/02 09:36)

f0294866_1240450.jpg

f0294866_1240599.jpg

4月末で父母が住んでいたマンションを引き払いました。
いわゆる高齢者向け賃貸住宅というもので、24時間ケアしてくれるので、私のように諸事情から介護できず、しかも病身または認知症状等のある親の生活を心配している方にはお勧めです。
29日には引き渡しの為の点検に立ち会って来ました。
あれほどモノに溢れていた室内がガランとしていて、ちょうど一年前、母と見学に来たことを思い出しました。

元々、自分の体力が急速に衰え、ひとりで母を介護することに不安を感じ始めた父が、強く入居を希望していたのですが、父の病状も、自分の病状を全く解っていない母は引越したがらず、説得に3ヶ月もかかってしまいました。

入居後も捨ててきたモノと部屋の狭さに(実際はこのような施設にしては破格にゆったりした2LDKなのですが)文句タラタラでした。
その上イベント(スイーツ作りやガーデニング)に参加させてもらえば「奉仕作業にかり出された」というし…困惑することしばしばでした。

入居したとき、母は既に余命宣告を受けていましたし、父も急に寝たきり状態になり、癌が進行していることは明らかでした。父はもちろん、母にしても漠然とした、けれども深い不安を感じていたことでしょう。その不安と焦りが、様々な我が儘や拘りになって表れ、私は毎日板挟みに悩みました。
結局、何の心配もなく、毎日ゆったりと趣味や楽しいことだけをして最後の時間を過ごして欲しい、という私たちの目論見は大きく外れ、疾風怒涛の一年間になってしまったのです。


帰りのエレベーターにイベントカレンダーが貼ってありました。よもぎ団子作り、書道教室、誕生会、映画鑑賞会等、相変わらず毎日盛りだくさんです。
父母が気持ちを切り替えて現状を受け入れることが出来ていたら、イベントや他の入居者ともっと親密になる時間があったら、幸せな一年間になっていたかもしれません。
でも、それは普通の状態ならできることで、二人に「気持ちを切り替える」なんていう余力はなかったのかもしれません。
歯痒い思いが繰り返し甦るのですが、当時さえどうしようもなかったのでした。

それでも、亡くなる直前に入院を拒んだ母は、部屋に戻って来て「やっぱりここが我が家よね」と言ったことを、スタッフの方が涙ながらに話してくださいました。
[PR]
by treeintheheart | 2014-04-16 12:40 | 詩、物語、短歌…

わくらば(2013/05/02 09:34)

枝先に
残る病葉(わくらば)
見上げたる
瞳の先に
朝陽こぼれむ


風止みぬ
今宵かぎりと
病葉を
きみの祈りが
結びとめしか


若き日は
薊と呼ばれし
母なりき



蒲公英の
綿毛のように
還りたい
いずれいくなら
春陽の中を
20130413
[PR]
by treeintheheart | 2014-04-15 07:49 | 詩、物語、短歌…

あれは島だよ(20121230)

f0294866_0254590.jpg

あれは島だよ
とあなたが言う

あれは船よ
とわたしが言う

ほら、見えないの
ゆっくりこちらに
近づいてくる

あれは島だよ
知らないくせに
昔からずっと
あそこにあるんだ

些細なことで口喧嘩
お互いを見つめるだけなら
喧嘩になんかならないのに

浜へ駆け降りた朱い背中に
呟きたくなる自分を
そっと戒めた

あなたが軽く叩いてやると
砂にまみれたビーチボールも
たちまち息を吹き返す

つかの間のプライベートビーチ
二人の間でキラキラと
弾かれるたびに鈴が鳴る
ボールはやがて見えなくなった

二人なら
こんなにラリーが続くのに
試合で組むと必ず揉めたね
パーキングに戻りながら
あなたの背中に投げかける

つまらないこと蒸し返すなよ
あなたの両手に挟まれて
ボールはキュッと押し黙る

違うの ちょっと思い出しただけ
わたしは ゆっくり笑ってみせる
嫌な思い出じゃないから

嫌な思い出なんかないから
そう 今となっては

相変わらず変なやつだな
あなたの背中は朱から黒へ
その背中に触りたい
確かめたいことがある
闇に溶けて見失う前に


ほら見ろよ
ふいにあなたが
沖を指す

さっきから
変わってないだろ
やっぱりあれは
島なんだよ

そうね
島かもしれないわね
わたしは ゆっくり
笑ってみせる

あれは 船よ
あの船に
乗っているのは…


あなたは知らない
[PR]
by treeintheheart | 2014-03-04 00:25 | 詩、物語、短歌…

あまごと

f0294866_18184110.jpeg
繰り返し下ろされる鈍色の帳
密やかに陽は上りまた沈む
見渡す限りの屋根に道に
ただひたすらに雨が降る


ラグーンを支える幾億の杭のように
山に街に川に田畑に
静かな疑問符の羅列が
隙間なく打ち込まれる


抗い難い声ともに
永遠(とわ)に 永遠(とわ)に
永遠(とわ)に 永遠(とわ)に…と


天と我等の間に揺らめく無数の精霊が
各々の胸に作り上げた仄白く光る珠を
約束の合図とともに
懐かしい大地へ向けて解き放つ


これは春を迎える儀式なのだ
軟らかに潤った被膜の下から
無数の生命(いのち)が再び芽吹く


待ちかねて眠りに落ちる
冬の睫毛に氷の滴がふるえている
溶けて滑り落ちていく
頬の曲線(まるみ)を夢に辿りながら
[PR]
by treeintheheart | 2014-03-02 05:03 | 詩、物語、短歌…

マリアの悲しみ( 2010/12/25 00:11)

f0294866_10312225.jpg

クリスマス
世界中が陽気に浮かれ騒ぐ

約2010年前のベツレヘム
砂漠の町は寒かったのだろうか
若いマリアは どんな思いで
その時を迎えたのだろう

10ヶ月前
思いがけない来訪者
天使ガブリエルは告げた

《受胎告知》

天使の言葉に
マリアは静かに答えたという
「わたしは主のはしためです、
お言葉通りこの身になりますように」

その時マリアはイエスの運命を
どこまで知っていたのだろう

星空の下
生まれたばかりのイエスを胸に抱いて
その鼓動を感じながら
無学な貧しい女は
何を考えたのだろう

我が子であって我が子でない
救世主と呼ばれるであろう小さな命

自分の腕の中に眠る小さな赤ちゃんは
他の子と何も変わっては見えないのに
今こうして安らかに眠っているのに

神様 どうして
この子でなければならないのでしょう
私は平凡な女です
どうか同じように
平凡な運命をこの子にも
お与えください

押し殺された叫び
赦されない願い

広すぎる砂漠の中で
溶けていく小さな決意

12年後
イエスは神殿を父の家と呼び
その知恵で学者達を驚嘆させる

その時マリアはどうしたか
聖書は次のように書き残している

《すべてのことを心に留めていた》

告げられた運命の最後まで
マリアは息子とともにいた
[PR]
by treeintheheart | 2013-12-02 10:31 | 詩、物語、短歌…

コメントできない(2011/08/22 11:21)

明日が見えないから
君は遠い未来を語る
目の前が闇だから
光り輝く砂浜を描く

それが君の泣き方


もう やめようよ
もう やめようよ
見ていられない
どこにでもある
たくさんの言葉で
埋め尽くすことはできないよ
どんなに必死で
シャベルを振るっても
山を築くどころか
ただ平らにすることさえ
だってそれは借り物だから
本当にそこに埋もれていた
ものじゃないから


素敵だって言われたい?
頑張ってね、そばにいるよって?


泣きながら叫んでいいんだ
ちがう、ちがう、ちがうって
君達にはわからないって
こんなに辛いんだって
こんなに怖いんだって


必ずって言ったから
最後まで読むよ
わからなくても
何を削っても


だけど


ごめんね




コメントできない
[PR]
by treeintheheart | 2013-10-31 15:05 | 詩、物語、短歌…

瓶(20120316)

なぜ

こんなに
涙がでるのだろう
私という瓶に
縦にまっすぐな
亀裂が入って
底の底まで
沁み出でてしまう


自分の涙で目が覚める

なにが
なにが
なにがそんなに悲しいのか

罵られた言葉のひとつも
思い出せないのに
ただ
「かなしい」
とだけ心が繰り返す

カナシイ
カナシイ
カナシイ
カナシイ

掘っても
掘っても
他の言葉が出てこない


広漠の中に


一本の瓶


陽光(ひかり)を受けて
[PR]
by treeintheheart | 2013-09-24 00:30 | 詩、物語、短歌…