ブログトップ

すべてみどりになるまで

astrophel.exblog.jp

魂の奥に下りて行って不思議な扉を開けてみてください。幾千年の時を経た大樹の息づく深い森。滴る光、湧き零れる水。そこに満ちる声の囁きを聴ける人になりたい。人の魂が、この星とそこに息づく数多の生命と、深いところで繋がっていることを感じとりたい。カリスマ性なんか微塵もない主婦Aの「闘病」「子育て」「考えごと」の記録…になるはず

天空の時計

f0294866_6272825.jpg

f0294866_627282.jpg

メッセージをありがとうございました。
苦しい日々、ふと私の古い日記を思い出し、アクセスしてくださったことに胸がつまるような切なさと懐かしさを感じずにいられません。
あの小さなSNSがなくなってから、もう5年も経つのですね。

それでも、あの時書いた私の拙い文章が、少しでも貴方の心に響くものをもっていたのなら、それまで私が過ごした日々も強ち無駄ではなかったのでしょう。

私も貴方と同じように家族から罵られる毎日です。
「毎日毎日みんなに迷惑をかけて、よく生きていられるな」
「早く死んでくれよ、早く!」
「おまえさえいなければ家族みんなが幸せになれるんだ」
夫を知る人にはとても信じられないと思いますが、ある種の発作を起こしたように顔を赤くして怒鳴り続けます。罵声とともにオムツやティッシュボックスが飛んで来ることもあります。強気の言葉で言い返してはいても私の心は萎え、あなたと同じように
「こんな状態になってまで、何故まだ生きているのか」
「何の意味があるのか」
と問いかける毎日です。

そうですね。私の詩も短歌も、空を詠ったものが多いかもしれません。
でも現実は、私の部屋からは空と呼べるほどのものは見えません。周囲の家の屋根に切り取られたただの刻々と色が変わる小さなモニター画面のようです。それでもそれを見ると、日毎の匂いや季節の移ろいを感じ取ることはできます。そして、その小さな小さな窓を通して、私は地平線まで張り渡されたドームのような青空や、燃え崩れ墜ちていく太陽を抱えた夕空や、数知れぬ星々を刺繍した帳(とばり)を幾重にも垂らしたような夜空を懐かしむのです。そういう時、私は自分が宇宙と繋がっているのだと思わずにはいられません。


もう久しく視てはいませんが、満天の星のもとに私達は立っています。昼も夜も。ただ昼は見えないだけ。そして、彼方から視れば、私達の立つ汚泥の塊も、愛らしい光を放つ小さな星です。たとえ星は自らの放つ光を知らず、自らを星だと思わなくても、です。
貴方も私も、この巨大な天空の時計の小さな部品です。目につかぬ小さなネジか歯車か…でもそんなもの一つでも、時を待たずに失えばこの時計は狂うでしょう。
だから、もう少し…私は立ち続けましょう。

よろしければ手を繋ぎ、あなたも…

[PR]
by treeintheheart | 2017-03-21 07:57 | 考えていたこと