ブログトップ

すべてみどりになるまで

astrophel.exblog.jp

魂の奥に下りて行って不思議な扉を開けてみてください。幾千年の時を経た大樹の息づく深い森。滴る光、湧き零れる水。そこに満ちる声の囁きを聴ける人になりたい。人の魂が、この星とそこに息づく数多の生命と、深いところで繋がっていることを感じとりたい。カリスマ性なんか微塵もない主婦Aの「闘病」「子育て」「考えごと」の記録…になるはず

折々に歌

脱ぎ捨てし
吾子の衣を
たたみつつ
離れて後も
安かれと願う

(2013年10月31日)




青き風
吹き抜けてなお
消え去らぬ
父母逝きし
朝の病葉
(2014/04/15 00:54)




御手を求め
見上げし空は
高く高く
眩むばかりに
光満ちてあり
(2014/04/23 06:05)
[PR]
by treeintheheart | 2014-05-05 14:28 | 詩、物語、短歌…