このままでいいのかな…②

先日ご紹介したハムレットのセリフですが、きちんとした訳もご紹介しておかないとシェイクスピアが気の毒なので、翻訳された当時、画期的だった小田島雄志先生の訳を載せておきます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ。
どちらがりっぱな生き方か、このまま心のうちに
 暴虐な運命の矢弾をじっと耐えしのぶことか、
それとも寄せくる怒涛の苦難に敢然と立ちむかい、
闘ってそれに終止符をうつことか。
死ぬ、眠る、それだけだ。眠ることによって終止符はうてる、
心の悩みにも、肉体に付きまとうかずかずの苦しみにも。それこそ願ってもない
終わりではないか。死ぬ、眠る、
眠る、おそらくは夢を見る。そこだ、つまずくのは。  

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

はい、私の訳が如何に滅茶苦茶かよくわかりますね。
それ以前の訳に比べて自然で話しことばに近く、舞台で喋りやすそうです。

調子に乗って面白い訳を見つけたので、ご紹介します。お楽しみください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



(関西)
どないしょう! 
こうしててええのやろか、あかんにゃろか? それが問題やなあ。
このままじぃっと動かんと、えげつない運命の嵐が通り過ぎてしまうのを待ってるのんか、
それとも押し寄せて来る難儀に正面から向こうていって、もうええちゅうとこまで、きっちりかたつけるんのか、どっちや? 
めんどくさい、いっそ死んでしもうたろかしらん。……
(『英語青年』1986年6月号、「ハムレットさまざま(2)」(安東信介)より抜粋)



(東北)
生ぎでだ方がいいのが、死んだ方がいいのが、それが問題だジャア。
どっちが男らしい生ぎ方(がだ)だが、おどなしィぐして、不法な運命の矢弾を耐え忍(しのん)ぶのど、そえども剣を取ってドット押し寄せで来る難儀さ立ぢ向(むが)ってェ、とどめ刺すまで後(あど)さ引がねのど、どっちだめなァー。
いっそ死んでしまった方がいいべが。……
(『英語青年』1986年7月号、「ハムレットさまざま(3)」(安東信介)より抜粋)
[PR]
by treeintheheart | 2014-01-10 13:30 | シェイクスピア

魂の奥に下りて行って不思議な扉を開けてみてください。幾千年の時を経た大樹の息づく深い森。滴る光、湧き零れる水。そこに満ちる声の囁きを聴ける人になりたい。人の魂が、この星とそこに息づく数多の生命と、深いところで繋がっていることを感じとりたい。カリスマ性なんか微塵もない主婦Aの「闘病」「子育て」「考えごと」の記録…になるはず


by treeintheheart